新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金の請求について

 被保険者が新型コロナウイルス感染症により、療養のため会社を休み、事業主から報酬が受けられない等の要件を満たしている場合には傷病手当金が請求できます。

 厚生労働省からの事務連絡を受け、TJKでは当面の間、「新型コロナウィルス感染症」に係る傷病手当金の支給における臨時的な取り扱いとして、以下の運用といたします。

傷病手当金の支給申請に際し、医師の意見書(傷病手当金請求書2枚目下段の記載)は不要とし、被保険者が当該期間は療養のため労務に服さなかった旨を事業主が証明する書類(傷病手当金請求書2枚目上段および就労状況等証明書)の添付をもって確認いたします。

※この取り扱いは、「新型コロナウィルス感染症」の療養のためのものに限ります。
※「新型コロナウィルス感染症の後遺症」については上記対応となりません。
※感染状況等により、厚生労働省からの事務連絡によって取り扱いが変更になる場合がありますのでご了承ください。

新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金の必要書類

  • 賃金台帳および出勤簿
  • 新型コロナウイルス感染症に係る通知 (※)

※保健所等から新型コロナウイルス感染症に係る通知(就業制限・就業制限解除)が届いている方のみ、通知の写しを添付ください。ただし、原本が添付されていても、ご返却いたしませんのでご注意ください。

傷病手当金の手続き方法や支給要件、注意事項などの詳細についてはコチラをご覧ください。

お問い合わせ先

東京都情報サービス産業健康保険組合
給付グループ
〒102-8017 東京都千代田区富士見1-12-8 TJKプラザ
TEL 03-3239-9817 FAX 03-3239-9735

この記事を書いた人