新型コロナワクチン接種後のオプション胸部CT検査、肺がん健診について

新型コロナウイルスワクチン接種後に、注射した側の腋窩(脇の下)リンパ節が一時的に反応性に腫大することがあると報告されています。(ワクチン接種後のリンパ節腫大は、良好な免疫反応を獲得している兆候ですので心配はいりません。)一方で、C健診のオプション胸部CT検査や肺がん検診では、腋窩リンパ節が明らかに大きい場合、精密検査が必要と判断されることがあります。

そのため、直営健診センターにおいてC健診のオプション胸部CT検査を受けられる際、あるいは肺がん検診(専門検診)を受診される際には、新型コロナウイルスワクチン接種前、または二度目のワクチン接種をしてから6週間以降に健診を受けられることを推奨いたします。
ただし、ワクチン接種後上記の期間以内でも、ご本人様の意志により検査することは可能です。

※画像診断の際の参考とするため、検査前に受付スタッフより胸部CT検査の対象者の方へ接種歴の有無を確認させていただきますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

お問い合わせ先

東中野保健センター 健康管理グループ
〒164-8507 東京都中野区東中野1-51-3
TEL 03-3360-5951 FAX03-3360-8748

この記事を書いた人

健康管理グループ