任意継続被保険者とは

 退職日の翌日からTJKの被保険者としての資格を喪失しますが、一定の要件を満たしている方は、退職したあとも引き続き2年間を限度に「任意継続被保険者」としてTJKに加入することができます。
 任意継続被保険者は、TJKの保養施設(直営・契約)や運動施設、各種イベントなどの「保健事業」や、健康診断、人間ドックなどの「健康管理事業」、または各種付加給付(一部利用不可)などを引き続き利用することができます。

 平成22年4月から、倒産・解雇、雇い止めなどによる離職(自己都合退職や定年退職を除く)をされた方については、国民健康保険料の軽減措置が適用されることとなり、TJKの任意継続被保険者の保険料より低くなる可能性があります。任意継続を検討されている方は、お住まいの市区町村にて国民健康保険料額を確認のうえ、任意継続被保険者の申請をするかどうか判断されることをおすすめします。

加入条件

 資格喪失の前日までに、継続して2ヵ月以上の被保険者期間があることが加入条件になります。

資格取得日

 任意継続被保険者の資格取得日は、退職日の翌日になります。

任意継続の資格を喪失するとき

  • 被保険者となった日から起算して2年が経過したとき
  • 被保険者が死亡したとき
  • 保険料を納付期日(毎月10日)までに納入していないとき
  • 新たな勤務先の健康保険の被保険者となったとき
  • 被保険者が75歳に達したとき(後期高齢者医療制度に加入)
  • 被保険者が資格を喪失すると、被扶養者である家族も資格を喪失します。
  • 再就職先にて健康保険の資格を取得された場合、TJKへの資格喪失手続きが必要になります。

保険料

 任意継続被保険者の保険料は、事業主負担がなくなることで全額自己負担となります(在職中は基本的に事業主と被保険者で折半負担)。また、介護保険料の納付対象になる方(40歳から64歳までの方)は、介護保険料も含めた額となります。
 保険料は、次の1、2のうち低いほうの等級から算出します。

  1. 資格喪失(退職)時の標準報酬月額
  2. TJK全被保険者の前年9月30日時点の平均標準報酬月額
    (※令和2年度は第26等級・380,000円)

↓保険料額の確認はこちら

給付内容

 被保険者・被扶養者とも、医療機関で診療を受けたとき、原則として資格喪失前と同じ保険給付を受けられます。出産手当金・傷病手当金の給付はありませんが、一定の要件を満たす方に限り、受給できる場合があります。

給付金の支給額について

 任意継続被保険者の資格取得後に本人埋葬料を請求する場合、その付加給付額の算出は任意継続被保険者の標準報酬月額をもとに計算され、資格取得日以降の請求分より適用されます。

任意継続のお手続き

 資格喪失日(退職日の翌日)から20日以内に「健康保険 任意継続被保険者資格取得申請書」と「保険料」、「添付書類(家族を引き続き申請する場合)」を一緒にご申請ください。20日を過ぎてからのご申請は受理できません。

申請の際、在職中の健康保険証の記号と番号の記載が必要です。あらかじめご確認ください。

【処理の流れ】

資格喪失届の提出(会社から健保への手続き)
TJKでの処理完了
任意継続被保険者の手続き

 「資格喪失届」の処理が完了しないと任意継続の手続きが承れません。

窓口申請の場合

必ず「資格喪失届」が処理済であることをご確認のうえ、お越しください。

来訪者の感染防止のため、以下のとおり組合窓口を臨時閉鎖いたします。組合窓口臨時閉鎖期間中の届書等は、すべて郵送にてお手続きいただきますようお願いいたします。
〇組合窓口臨時閉鎖期間:4月8日(水)~5月末日

「健康保険 任意継続被保険者資格取得申請書」と保険料、ご本人確認できるもの(運転免許証等)をご持参のうえ、組合事務所(TJKプラザ)にお越しください。

郵送申請の場合

郵送申請の場合は、消印日ではなく「組合到着日」が退職日の翌日から20日以内であることが必要です。

 退職後、「健康保険 任意継続被保険者資格取得申請書」と保険料を同封のうえ、現金書留でTJKプラザへお送りください。

保険料の前納

 先々の保険料を一括してお支払いただくことが可能です。一括支払が可能な前納期間は資格取得月の翌月から9月まで、または次の3月までです(2回目以降は半年または1年単位)。

一括支払が承れるのは、資格取得月の月末までです(末日が土日祝の場合は翌営業日) 。

↓保険料額の計算はこちら

2回目以降の保険料の納付方法

銀行または組合事務所の窓口にて納付

 初回のお手続き以降は、ご自宅へ納付書をお送りしますので、毎月10日までに銀行の窓口または組合事務所(TJKプラザ)の窓口にて納付してください。ATMによる振り込みは領収証書が発行されませんので、当組合発行の納付書による手続きをお願いします。なお、領収証書は確定申告の際の社会保険控除証明として必要になりますので、大切に保管してください。

前月末日までに届かない場合

納付書は前月の21日ごろにご自宅に送付いたします。前月末日までに届かない場合はすみやかに当組合へご連絡をお願いいたします。

被扶養者について

在職時から引き続き扶養にする

 「健康保険 任意継続被保険者資格取得申請書」に記載いただくことで申請ができます。
ただし、改めて審査を行うため、状況に応じた添付書類が必要になることがあります。

退職時に被扶養者ではなかった家族を扶養にする

 別途、「健康保険 被扶養者(異動)届」のご提出が必要です。
 届出には、状況に応じた添付書類が必要になります。

 添付書類の一部はマイナンバーをご提出いただくことで省略が可能です。 上記の必要書類に加え、「情報照会依頼書」をご提出ください。

情報照会依頼書

TJKへの提出書類

任意継続被保険者になるとき

任意継続被保険者資格取得申請書

  • 初回の保険料(資格取得月の翌月に申請する場合は2ヵ月分)
任意継続被保険者の保険料計算表
  • 納付する金額については、会社のご担当者またはTJKまでご照会ください。
  • 資格取得月とは、退職日の翌日が属する月です。

添付書類

A 在職中に扶養に入っていた家族を継続して扶養に入れる場合の添付書類

  同居 別居
①未就学児~大学生までの子 なし
なし
②無職無収入の妻 なし
  • 送金証明
  • 住民票(別居先の世帯全員分)
③ ①②以外の妻と子
  • 所得証明書

(※子のみ)

  • 送金証明
  • 所得証明書
  • 住民票(別居先の世帯全員分)

(※子のみ)

④その他親族
(親・兄弟姉妹等)
  • 所得証明書
  • 本人(申請者)の収入確認書類
    ※退職後の収入がわかるもの
  • 送金証明
  • 住民票(別居先の世帯全員分)
  • 所得証明書
  • 本人(申請者)の収入確認書類
    ※退職後の収入がわかるもの

★任意継続被保険者は一般的には退職し給与収入がなくなりますので、配偶者が就労中の場合、子の扶養者は配偶者に移ります。ただし、何らかの収入があり配偶者の収入を上回る場合には、任意継続中の扶養も可能です。

※送金証明書とは、銀行振込の場合は振り込み受領書、現金書留の場合はその控えなどになり、手渡しでは承れません(原則3ヵ月分必要)。

[配偶者が就業中の場合の「子」の添付書類]

状況必要な添付書類
任意継続後も継続収入がある退職後の収入確認書類(委託契約されている場合の契約書の写し等)
配偶者の収入確認書類(直近の「源泉徴収票」または「所得証明書」


配偶者の勤務時間が短い等により社会保険の適用を受けていない
  • 国民健康保険証の写し(配偶者分)
子の扶養の考え方
子の扶養の考え方

B 家族を新規で扶養に入れる場合の添付書類

被扶養者(異動)届

届出には、状況に応じた添付書類が必要になります。

添付書類の一部はマイナンバーをご提出いただくことで省略が可能です。上記の必要書類に加え、「情報照会依頼書」をご提出ください。

情報照会依頼書

任意継続被保険者の資格取得後に、新たな勤務先の健康保険の被保険者となったとき

TJKへの提出書類

任意継続被保険者 資格喪失申出書

添付書類

  1. 再就職先から発行された健康保険証のコピー(被保険者本人分のみ)
  2. 任意継続時の健康保険証(被扶養者を含むすべて)
  3. 高齢受給者証および限度額適用認定証(該当者のみ)

よくあるご質問

Q1
退職後も「東京都情報サービス産業健康保険組合」の健康保険に加入することは可能ですか。
A1

退職日までに2ヵ月以上の継続した被保険者期間がある場合、任意継続被保険者制度に加入することができます。
申請する場合は、退職日の翌日から20日以内に「任意継続被保険者資格取得申請書」をダウンロードし、 必要事項に記入捺印のうえ、「保険料」と一緒に現金書留にて「東京都情報サービス産業健康保険組合」 までご送付ください(必着)。

  • 期日を超えますと、受理できませんので、早めにお手続きください。
    窓口での手続きでは、その場で保険証を交付しますので、本人確認できる書類(免許証、パスポートなど)をあわせてご持参ください。
Q2
現在、任意継続被保険者として加入していますが、再就職することが決まりました。脱退したいのですが、 どうすればよいでしょうか。また、保険料をすでに入金済の場合、返金してもらえるのでしょうか。
A2

「就職」は任意継続の資格喪失事由に該当します。健康保険の切り替え(任意継続の資格喪失手続き)をいたしますので「東京都情報サービス産業健康保険組合の健康保険証」と「就職先の健康保険証のコピー」と「任意継続被保険者資格喪失申出書」をご送付ください。
 内容確認のうえ、保険料の還付対象者には、後日ご返金いたします。

  • 健康保険証の返却について
    「東京都情報サービス産業健康保険組合の健康保険証」は、就職先の「健康保険の資格取得(適用)日」より使用できません。必ずご返却ください(ご家族分含む)。
    「送付先」 〒102-8017 東京都千代田区富士見1-12-8 TJKプラザ
           東京都情報サービス産業健康保険組合 適用グループ
  •   任意継続被保険者資格喪失申出書」はダウンロードができますので、必要事項に記入捺印をお願いいたします。印刷できない場合は、適用グループまでご連絡ください。
Q3
任意継続した場合の保険料はどうなりますか?
A3

任意継続した場合の保険料については、全額自己負担となります。保険料は、1、2のいずれか低いほうの等級から算出します。

  1. 退職時の標準報酬月額
  2. 前年9月末時点のTJK全被保険者の平均標準報酬月額(令和2年度 26等級 380,000円)
任意継続被保険者の保険料計算表
詳しい金額は、保険料額計算表をご覧ください。
Q4
「住所」「氏名」に変更が生じた場合はどうすればよいですか。
A4
  • 住所変更の場合 「適用関連 届出書・申請書」の印刷より、被保険者住所変更届<任意継続用>を印刷し、必要事項に記入捺印のうえ、下記送付先までご送付ください。
  • 氏名変更の場合 「適用関連 届出書・申請書」の印刷より、被保険者氏名変更届を印刷し、必要事項に記入捺印のうえ、健康保険証とあわせて、下記送付先までご送付ください。

    「送付先」 〒102-8017 東京都千代田区富士見1-12-8 TJKプラザ
           東京都情報サービス産業健康保険組合 適用グループ
Q5
任意継続保険の資格を喪失し、新たに健康保険(国民健康保険など)へ加入する際に証明書が必要と言われました。どうすればよいですか。
A5

当組合では、2年間の任意継続期間が満了となり資格喪失する前月中旬頃に「法定満了喪失予定通知書」、資格が喪失する日以降に「法定満了喪失通知書」の2通を随時ご自宅へ郵送しております。その通知書が資格喪失の証明となりますので、到着後、次の健康保険への加入手続きをご自身でお願いします(国民健康保険の場合は市区町村役場)。
また、返信用封筒が同封されていますので、使用されていた「TJK(東京都情報サービス産業健康保険組合)の健康保険証」は必ずご返却ください。

お問い合わせ先

東京都情報サービス産業健康保険組合
適用グループ
〒102-8017 東京都千代田区富士見1-12-8 TJKプラザ
TEL 03-3239-9819 FAX 03-3239-9735