健康経営とは

「健康経営」とは、社員の健康を重要な経営資源としてとらえ、健康増進に積極的に取り組む経営のスタイルをいいます。
事業所が経営理念に基づき、従業員等の健康維持増進に取り組むことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や組織としての結果向上へつながることが期待されます。
TJKでは事業主の皆様に「健康経営」に取り組んでいただくため、さまざまなサポートを実施いたします。「健康企業宣言」はその一つです。

健康企業宣言とは

健康企業宣言とは、「健康優良企業」を目指して事業所全体で健康づくりに取り組むことを宣言し、一定の成果をあげた場合は「健康優良企業」として認定される制度です。運営主体は「健康企業宣言東京推進協議会」で、東京都内の健康保険組合に加入する事業所が参加できます。

健康企業宣言に取り組むメリット

◆従業員が健康でないと、事業所も実力を発揮できません、従業員の健康管理は、企業のリスク管理です。

  • 事業所全体で健康づくりをすることで、リスク低減が期待できます。
  • 健康経営・健康づくりは難しいことではありません、できることから始めましょう。

◆健康経営は職場の健康づくりから始めましょう

  • 従業員が健康になれば生産性の向上につながります。
  • 事業主様が自ら健康づくりに取り組む姿勢を宣言することが大切です。

各種インセンティブ制度

健康企業宣言に取り組むことで、さまざまなインセンティブが受けられます。

「みずほ健康アシスト」(東京都中小企業制度融資「政策特別融資」 みずほ銀行[経営基盤強化])

「健康企業宣言」にエントリーした事業所に対し、東京都中小企業制度融資「政策特別融資」を活用した資金調達の支援や外部専門機関による健康課題解決のサポートが受けられます。みずほ銀行作成のリーフレットはこちらをクリックしてください。

  • 利用にはみずほ銀行および東京信用保証協会による審査があります。

「健康企業応援・ダイバーシティ推進保証制度」(東京信用保証協会)

「健康企業宣言」にエントリーした事業所に対し、信用保証料率の優遇が受けられます。東京信用保証協会作成のリーフレットはこちらをクリックしてください。

  • 利用には東京信用保証協会による審査があります。

経済産業省 健康経営の顕彰制度

経済産業省において、「健康経営優良法人認定制度」が設けられています。
この制度は、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰するもので、認定された企業には、金融機関等による低金利融資や人材関連企業からの人材確保支援などが予定されています。
従業員数により、「大規模法人部門」 、「中小規模法人部門」の二つからなり、「大規模法人部門」は健康経営度調査への回答が必須となり、「中小規模法人部門」においては、運営団体の東京推進会議協議会の取り決めにより現在、TJKが実施する健康企業宣言に取り組み、「健康企業宣言STEP 1 銀の認定を受けていること」が、健康経営優良法人の申請の必要条件となります。健康経営優良法人(中小規模法人部門)の申請をお考えの事業所はご留意ください。
詳しくは、経済産業省のホームページによりご確認ください。

お問い合わせ先

東中野保健センター 健康管理グループ
〒164-8507 東京都中野区東中野1-51-3
TEL 03-3360-5951 FAX03-3360-8748