東京都情報サービス産業健康保険組合

東京都情報サービス産業健康保険組合

サイト内検索
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME > 改元に伴う元号の取扱いについて

改元に伴う元号の取扱いについて

 「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」の公布に伴い、2019年5月1日より改元が実施されます。
 当組合における、改元に伴う対応は以下のとおりとなりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

改元に関する対応

(1)改元日前に送付された通知等の取扱い
 改元日前までに作成した文書にかかる元号については、新元号に読み替えてご利用ください。
※改元日前の作成文書の中の「平成」表記については、有効となります。

(2)改元日(2019年5月1日)以降の取扱い

  • ○新元号が記載されていない旧様式の用紙による届出は可能です。
    ただし、5月1日以降の元号表記が「平成」表記された用紙を利用する場合は、可能な限り補正(訂正印は不要)のうえご提出ください。
    ※補正漏れの「平成」表記の届出に関しては、「令和」に読み替え受付いたします。
  • ○現在、TJKホームページからダウンロードしご利用いただいております各種届出用紙は、5月1日に更新いたします。
    ※5月1日以降、適用関係の届出は、ホームページから全届出ダウンロードが可能となります。
    ホームページ > 届出書・申請書の印刷

ページ先頭へ戻る