東京都情報サービス産業健康保険組合

東京都情報サービス産業健康保険組合

サイト内検索
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME > 健康保険の手続き > 病気やケガをした > TJK加入前の健康保険証を使用してしまったとき

TJK加入前の健康保険証を使用してしまったとき

ここがポイント
  • 健康保険証は受診日当日に加入している健康保険組合から交付されたものを使用
  • 誤って以前の健康保険証を使用した場合は以前の健康保険組合へ費用を返還します
  • 以前の健康保険組合へ返還した費用はTJKへ「療養費」として請求します

健康保険証は受診日当日に加入している健康保険組合から交付されたものを使用

 健康保険証は手元にあればいつでも医療機関で提示できるわけではなく、受診日当日に加入している健康保険組合から交付された健康保険証でなければ提示することができません。

TJKの健康保険証の有効期限

誤って以前の健康保険証を使用した場合は以前の健康保険組合へ費用を返還

 TJKの健康保険証が手元に届いていない期間に医療機関を受診する場合は、費用をご自身で全額立て替えたのちに費用の7割または8割を「療養費」としてTJKへ請求することができます(「健康保険証を持たずに医療機関を受診したとき」)。
 費用をご自身で立て替えずに誤って以前加入していた健康保険組合の健康保険証を提示して医療機関を受診した場合、みなさまの医療費のうち7割または8割が医療機関から以前の健康保険組合へ請求されてしまいます。
 以前の健康保険組合が立て替えた医療費は、後日みなさまへ返還依頼がなされますので返還していただき、その後「療養費」としてTJKへ請求いただくこととなります。

【誤って以前の健康保険証を使用してしまう主な事例】

  • ○被扶養者として加入する手続きを行っていたが、健康保険証が届く前にケガや病気をしてしまい以前の健康保険証を提示して医療機関を受診した
  • ○入社したばかりでTJKの健康保険証が手元に届いていなかったが、ケガや病気をしてしまい以前の健康保険証を提示して医療機関を受診した

不服の申し立て・時効

 不服の申し立て・時効については、こちらをご覧ください。

ページ先頭に戻る