東京都情報サービス産業健康保険組合

東京都情報サービス産業健康保険組合

サイト内検索
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME > 健康保険の手続き > 病気やケガをした > 治療用装具をつくったとき

治療用装具をつくったとき

ここがポイント
  • 費用を立て替えたのちTJKへ「療養費」として請求します
  • 「療養費」として支給される金額は年齢や所得により異なります
  • 支給されるのは医師が治療のために必要と認めた場合に限ります

費用を立て替えたのちTJKへ請求

 医師の指示に基づき治療用装具を作成した場合は、装具の作成費用をご自身で全額立て替えたのち費用の7割または8割(次項「支給割合」参照)を「療養費」としてTJKへ請求することができます。

「療養費」として支給される金額は年齢や所得により異なります

 装具製作所で支払った費用のうち、健康保険の対象となる額の7割または8割相当額が支給されます。

【支給割合】
対象者 支給割合
0歳~小学校就学前 費用の8割
小学校就学~69歳 費用の7割
70歳~74歳 現役並み所得者(※1) 費用の7割
一般(※2) 費用の8割
  • ※1 標準報酬月額28万円以上の被保険者とその被扶養者
  • ※2 所得区分が「一般」で、平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方(昭和19年4月1日までに生まれた方)の負担割合は特例措置により1割のため、支給割合は費用の9割となります。

支給されるのは医師が治療のために必要と認めた場合に限ります

  • ◎治療用装具の作成費用として「療養費」が支給されるのは医師が治療のために必要と認め、医師の証明書に基づいて作成した装具に限ります。

【対象となる主な治療用装具】

  • ○ 関節用装具
  • ○ コルセット
  • ○ 義手、義足、義眼
  • ○ 術後に発生する四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣 (弾性ストッキング、弾性スリーブ、弾性グローブなど)
  • ○ 小児の治療用眼鏡についてはこちら

 

【対象とならない装具】

  • × 補聴器、マウスピース、松葉杖など

 

  • ◎以前作成した装具をつくり直した場合に、「療養費」の再申請はできますか?
    以前「療養費」として支給を受けたものと同じ装具を再度つくった場合、「療養費」の支給基準に基づいて定められた使用年数の経過後であれば、再申請が認められています。使用年数については年齢や装具の種類により異なりますので詳しくはTJKへお問い合わせください。
  • ◎予備で複数作成した場合は、作成した個数分を申請できますか?
    「療養費」としてTJKへ請求ができるのはあくまで「医師が治療のために必要と認め、医師の証明書に基づき作成」した装具の費用に限られます。利便性を考慮し複数作成した場合や、付属品を追加し贅沢な仕様にした等の場合は、その費用を「療養費」として請求することはできません。
    この場合、実費と「療養費」の支給額に相違が生じたときの差額は自己負担となります。
  • ※医師の証明書に基づいて作成した装具であってもTJKの内容審査により「療養費」としての支給が妥当でないと判断したときは支給されない場合があります。

不服の申し立て・時効

 不服の申し立て・時効については、こちらをご覧ください。

ページ先頭に戻る