東京都情報サービス産業健康保険組合

東京都情報サービス産業健康保険組合

サイト内検索
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME > 健康保険の手続き > 病気やケガをした > はり・灸、あん摩・マッサージの施術を受けるとき

はり・灸、あん摩・マッサージの施術を受けるとき

ここがポイント
  • 施術費用を立て替えたのちTJKへ「療養費」として請求します
  • 請求できるのは医師が治療の必要性を認めた場合に限ります
  • 請求が認められるのは対象病名のみです

施術費用を立て替えたのちTJKへ請求

 はり・灸、あん摩・マッサージの施術を受ける場合は、施術費用をご自身で全額立て替えたのち、健康保険の対象となる場合は施術費用の一部を「療養費」としてTJKへ請求することができます。

請求できるのは医師が治療の必要性を認めた場合に限ります

  • 医師が治療の必要性を認めた場合に限るため、申請する場合は医師の同意書(原本)を添付してください。
    治療が長期に渡る場合は、6ヵ月ごとに医師の同意書(原本)の添付が必要です。

【施術師の方へ】

 「療養費」は被保険者本人へ支給します。施術師の方への委任払は行っておりません。

TJKへの請求が認められるのは対象病名のみ

 請求が認められるのは以下の対象病名です。

対象病名

はり・灸

  • 神経痛
  • リウマチ
  • 腰痛症
  • 五十肩
  • 頚腕症候群
  • 頚椎捻挫後遺症

あん摩・マッサージ

  • 関節拘縮
  • 筋麻痺

医療機関と併用して健康保険を適用することはできません

 同一疾患に対して医療機関で治療を受けている場合は、併用してはり・灸、あん摩・マッサージの施術を受けた場合にTJKへ療養費の請求をすることはできません。

不服の申し立て・時効

 不服の申し立て・時効については、こちらをご覧ください。

ページ先頭に戻る