東京都情報サービス産業健康保険組合

東京都情報サービス産業健康保険組合

サイト内検索
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME >  健康保険の手続き > 病気やケガをした > 高額療養費の特例(特定疾病療養受療証)

高額療養費の特例(特定疾病療養受療証)

ここがポイント
  • 特定疾病に該当する方は申請手続きが必要です
  • 上限額は1万円(または所得等により2万円)となります
  • 医療費助成を受けている方はTJKに届出をお願いします

特定疾病に該当する方は申請手続きが必要です

 厚生労働大臣が指定した特定の長期高額疾病の治療を受ける場合は、TJKに申請することで「特定疾病療養受療証」の交付を受けることができます。医療機関を受診する際に健康保険証を提示すると、みなさまの自己負担額は3割または2割(年齢や所得による)となりますが、健康保険証と一緒に「特定疾病療養受療証」を提示すると同一月・同一医療機関(入院・外来、医科・歯科別)の窓口支払額に上限が設定されるため、長期高額疾病に該当する方の自己負担額を軽減することができます。

特定の長期高額疾病とは

  • 血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固第Ⅷ因子障害または先天性血液凝固第Ⅸ因子障害(血友病)
  • 人工透析治療を必要とする慢性腎不全
  • 抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群  
    (HIV感染を含み、血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症に関する医療を受けている方に限る)

上限額について

 1万円
 ただし70歳未満で、人工透析が必要な標準報酬月額が53万円以上の方は 2万円

特定疾病療養受療証見本

 特定疾病療養受療証はTJKが申請書を受理した月の1日から有効なものを作成します。必要な場合は早めに申請してください。
 TJKから交付を受けたら、すみやかに医療機関へ提示しましょう。

特定疾病療養受療証

! 医療費助成を受けている方はTJKに届出をお願いします

 国や自治体から医療費助成を受けており、自己負担の全部または一部が助成されている方はTJKへ届出をお願いします。

TJKへの提出書類

  • 医療費助成制度該当届(新規・変更・終了) 書式PDF 記入例

添付書類

  • 医療証(写し)
  • ※医療費助成に新たに該当した場合のほか、制度の変更や終了の際も届出をお願いします。

ページ先頭に戻る