東京都情報サービス産業健康保険組合

東京都情報サービス産業健康保険組合

サイト内検索
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME >  健康保険の手続き > 病気やケガをした > 入院したときの食事(入院時食事療養費)

入院したときの食事(入院時食事療養費)

入院時食事療養費とは

 入院したときは、医療費の自己負担とは別に、食費(食事療養標準負担額)を自己負担することになっています。標準負担額を超える分は、「入院時食事療養費」としてTJKから還付されます。入院時食事療養費は、一般の療養と同様に現物給付のかたちをとっており、医療費といっしょにあとで支払われます。そのため、患者がその分を立て替え払いする必要はなく、標準負担額と一部負担額だけを医療機関の窓口で支払います。

  • ※平成30年4月1日より、適用区分が一般および現役並み所得者の負担額については、法律改正に伴い360円から460円に引き上げとなりました。

入院時の食事療養標準負担額(1日3食を限度)

適用区分 標準負担額(1食につき)
一般および
現役並み所得者(夫婦2人世帯で年収520万円以上)
460円
低所得者Ⅱ
(70歳以上の
 市町村民税非課税者)
過去12ヵ月の入院日数が90日まで 210円
過去12ヵ月の入院日数が91日以上 160円
(91日目以降の入院から)
低所得者Ⅰ
70歳以上の市町村民税非課税者で、
所得が一定基準[年金収入80万円以下等]に満たない方)
100円
  • ※生活療養標準負担額は、被保険者、被扶養者とも同額負担で、高額療養費の対象とはなりません。
  • ※被扶養者の入院時生活療養にかかる給付は、家族療養費としてその費用が支給されます。
  • ※食費については、食事の提供体制により1食につき420円の負担となる医療機関もあります。

ページ先頭に戻る

お問い合わせ先 東京都情報サービス産業健康保険組合 給付グループ/〒102-8017 東京都千代田区富士見1-12-8 TJKプラザ/TEL03-3239-9817 /FAX03-3239-9735