東京都情報サービス産業健康保険組合

東京都情報サービス産業健康保険組合

サイト内検索
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME > 健康保険の手続き > 病気やケガをした > 自己負担額が公費負担となるとき

自己負担額が公費負担となるとき

ここがポイント
  • 年齢や病気の種類、患者の状態などにより自己負担額が「公費負担」となることがあります
  • 「公費負担」は自己負担額の全部または一部が国や自治体から助成されます
  • 「公費負担」により医療費助成を受けている方はTJKに届出をお願いします

年齢や病気の種類、患者の状態などにより自己負担額が「公費負担」となることがあります

 医療機関の窓口で健康保険証を提示するとみなさまの自己負担額は3割または2割(年齢や所得による)となりますが、国や自治体が行う医療費助成に該当すると自己負担額の全部または一部が「公費負担」となり、国や自治体から助成されるためみなさまの医療費の負担が軽減されます。
 公費による医療費助成は年齢や病気の種類、患者の状態などによりさまざまな制度が設けられています。公費負担の医療について確認をしたい場合は、内容に応じて主治医やお住まいの自治体窓口などにお問い合わせください。

主な公費負担の医療

  • 戦傷病者や原爆被爆者に対する医療のように国家補償的意味を持つ場合
  • 感染症など社会防疫的意味を持つ場合
  • 身体障害者への医療のような社会福祉的意味を持つ場合
  • 企業活動に基づく公害病
  • 難病の治療、研究を目的とする場合 など

各自治体による独自の医療費助成

(例)

  • 乳幼児医療費助成
  • 子ども医療費助成
  • 重度心身障がい者医療費助成
  • 妊産婦医療費助成
  • ひとり親家庭等医療費助成 など

! 「公費負担」により医療費助成を受けている方はTJKに届出をお願いします

 TJKではみなさまが医療機関の窓口で健康保険証を提示して医療費を支払った場合に、その医療費が一定額以上であると「高額療養費・付加金」をお支払いします。「高額療養費・付加金」は基本的にみなさまから申請をいただかず、TJKから会社へ自動払しております。「公費負担」により自己負担の全部または一部が助成されている方は、助成内容を確認しTJKからの自動払の全部または一部を停止します。

  • ※医療費助成を受けているにも関わらずTJKから重複して給付金を受けた場合は、支給した給付金をご返金いただくこととなるため必ずご提出ください。

 

TJKへの提出書類

  • 医療費助成制度該当届(新規・変更・終了) 書式PDF 記入例

添付書類

  • 医療証(写し)
  • ※未就学児童(小学校入学前のお子さま)は自動払の対象外のため「医療費助成制度該当届」を提出する必要はありません。
  • ※医療費助成に新たに該当した場合のほか、制度の変更や終了の際も届出をお願いします。

ページ先頭に戻る