東京都情報サービス産業健康保険組合

東京都情報サービス産業健康保険組合

サイト内検索
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME > 健康保険の手続き > 病気やケガをした > 業務上・通勤途上の病気・ケガは労災保険で

業務上・通勤途上の病気・ケガは労災保険で

労災保険が適用される場合

 健康保険では、業務外の事由による病気やケガ、出産・死亡に対して保険給付を行うこととなっています。したがって、業務上の事由、または通勤途上における病気やケガには、労働者災害補償保険法(以下、労災保険)で保険給付を受けることになります。
 なお、労災保険に該当すると、治療費は全額労災適用となり、診療を受けても患者の自己負担金はありません。

業務上の事由による病気やケガの事例

  • 仕事中(準備中・待機中・後始末中を含む)のケガ
  • 仕事中のトイレ休憩や歩行中のケガ
  • 会社施設の管理不備によるケガ
  • 出張や出張途上、また社用による社外での仕事中のケガ
  • 業務命令で参加した行事中のケガ
  • 仕事と病気の間に相当の因果関係が認められる場合

通勤途上における病気やケガの事例

 通勤途上における病気やケガとは、自宅と勤務先との間を往復する間に起きた場合をいいます。通勤経路の途上で日用品の購入など、日常生活に必要な行為の場合、その行為中を除いて、通勤経路に戻ってからのケガや事故は、通勤災害と認められます。

  • 出退勤途中での交通事故によるケガ
  • 路上での転倒、駅やマンションの階段を踏み外してのケガ
  • 電車やバス内でのケガ
  • 通勤途中での暴行によるケガ
  • 日常生活上必要な行為(選挙の投票、独身者の外食、日用品の購入)の後、通常の経路に戻ってからのケガ。ただし、往復の経路を外れて映画鑑賞や飲酒などをした場合は、通勤災害とされません。

不服の申し立て・時効

 不服の申し立て・時効については、こちらをご覧ください。

ページ先頭に戻る

 労災保険の具体的な手続きなどについては、所轄の労働基準監督署へお問い合わせください。

お問い合わせ先 東京都情報サービス産業健康保険組合 給付グループ/〒102-8017 東京都千代田区富士見1-12-8 TJKプラザ/TEL03-3239-9817 /FAX03-3239-9735