東京都情報サービス産業健康保険組合

東京都情報サービス産業健康保険組合

サイト内検索
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME > 健康保険の手続き > 退職した > 引き続きTJKに加入する(任意継続被保険者制度)

引き続きTJKに加入する(任意継続被保険者制度)

任意継続被保険者とは

 退職日の翌日からTJKの被保険者としての資格を喪失しますが、一定の要件を満たしている方は、退職したあとも引き続き2年間を限度に「任意継続被保険者」としてTJKに加入することができます。
 任意継続被保険者は、TJKの保養施設(直営・契約)や運動施設、各種イベントなどの「保健事業」や、健康診断、人間ドックなどの「健康管理事業」、または各種付加給付(一部利用不可)などを引き続き利用することができます。

  • ※平成22年4月から、倒産・解雇、雇い止めなどによる離職(自己都合退職や定年退職を除く)をされた方については、国民健康保険料の軽減措置が適用されることとなり、TJKの任意継続被保険者の保険料より低くなる可能性があります。任意継続を検討されている方は、お住まいの市区町村にて国民健康保険料額を確認のうえ、任意継続被保険者の申請をするかどうか判断されることをおすすめします。

加入条件

 資格喪失の前日までに、継続して2ヵ月以上の被保険者期間があることが加入条件になります。

資格取得日

 任意継続被保険者の資格取得日は、退職日の翌日になります。

任意継続の資格を喪失するとき

  • 被保険者となった日から起算して2年が経過したとき
  • 被保険者が死亡したとき
  • 保険料を納付期日(毎月10日)までに納入していないとき
  • 新たな勤務先の健康保険の被保険者となったとき
  • 被保険者が75歳に達したとき(後期高齢者医療制度に加入)
  • ※被保険者が資格を喪失すると、被扶養者である家族も資格を喪失します。
  • ※再就職先にて健康保険の資格を取得された場合、TJKへの資格喪失手続きが必要になります。

保険料

 任意継続被保険者の保険料は、事業主負担がなくなることで全額自己負担となります(在職中は基本的に事業主と被保険者で折半負担)。また、介護保険料の納付対象になる方(40歳から64歳までの方)は、介護保険料も含めた額となります。
 保険料は、次の1、2のうち低いほうの等級から算出します。

  • 資格喪失(退職)時の標準報酬月額
  • TJK全被保険者の前年9月30日時点の平均標準報酬月額
    (※平成30年度は第25等級・360,000円)

↓保険料額の確認はこちら
任意継続被保険者の保険料計算表

給付内容

 被保険者・被扶養者とも、医療機関で診療を受けたとき、原則として資格喪失前と同じ保険給付を受けられます。出産手当金・傷病手当金の給付はありませんが、一定の要件を満たす方に限り、受給できる場合があります。

給付金の支給額について

 任意継続被保険者の資格取得後に本人埋葬料を請求する場合、その付加給付額の算出は任意継続被保険者の標準報酬月額をもとに計算され、資格取得日以降の請求分より適用されます。

ページ先頭に戻る

任意継続のお手続き

 資格喪失日(退職日の翌日)から20日以内に「健康保険 任意継続被保険者資格取得申請書」と「保険料」、「添付書類(家族を引き続き申請する場合)」を一緒にご申請ください。20日を過ぎてからのご申請は受理できません。

  • ※申請の際、在職中の健康保険証の記号と番号、および退職時の標準報酬月額の記載が必要です。あらかじめ会社の健康保険事務担当者様にご確認ください。

【処理の流れ】

資格喪失届の提出(会社から健保への手続き)

TJKでの処理完了

任意継続被保険者の手続き
※「資格喪失届」の処理が完了しないと任意継続の手続きが承れません。

窓口申請の場合

 「健康保険 任意継続被保険者資格取得申請書」と保険料、ご本人確認できるもの(運転免許証等)をご持参のうえ、組合事務所(TJKプラザ)にお越しください。

  • ※平成29年1月より東中野保健センターでの窓口申請の受付は廃止となりました。
  • 必ず「資格喪失届」が処理済であることをご確認のうえ、お越しください。

郵送申請の場合

 退職後、「健康保険 任意継続被保険者資格取得申請書」と保険料を同封のうえ、現金書留でTJKプラザへお送りください。

  • ※郵送申請の場合は、消印日ではなく「組合到着日」が退職日の翌日から20日以内であることが必要です。

保険料の前納

 先々の保険料を一括してお支払いただくことが可能です。一括支払が可能な前納期間は資格取得月の翌月から9月まで、または次の3月までです(2回目以降は半年または1年単位)。

  • ※一括支払が承れるのは、資格取得月の月末までです。

↓保険料額の確認はこちら
任意継続被保険者の保険料計算表

2回目以降の保険料の納付方法

銀行または組合事務所の窓口にて納付

 初回のお手続き以降は、ご自宅へ納付書をお送りしますので、毎月10日までに銀行の窓口または組合事務所(TJKプラザ)の窓口にて納付してください。ATMによる振り込みは領収証書が発行されませんので、当組合発行の納付書による手続きをお願いします。なお、領収証書は確定申告の際の社会保険控除証明として必要になりますので、大切に保管してください。

  • ※納付書について
    納付書は前月の21日ごろにご自宅に送付いたします。前月末日までに届かない場合はすみやかに当組合へご連絡をお願いいたします。

被扶養者について

在職時から引き続き扶養にする

 「健康保険 任意継続被保険者資格取得申請書」に記載いただくことで申請ができます。
 ただし、改めて審査を行うため、状況に応じた添付書類が必要になることがあります。
添付書類の案内はこちら

退職時に被扶養者ではなかった家族を扶養にする

 別途、「健康保険 被扶養者(異動)届」のご提出が必要です。
 届出には、状況に応じた添付書類が必要になります。

添付書類の案内はこちら

ページ先頭に戻る