東京都情報サービス産業健康保険組合

東京都情報サービス産業健康保険組合

サイト内検索
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME > 健康保険の手続き > 入社した > 健康保険証について

健康保険証について

健康保険証とは

 健康保険証は、正式名称を「健康保険被保険者証」といい、健康保険の被保険者であることを証明します。健康保険証を医療機関に提出すると、原則として3割の自己負担のみで受診することができます。また、TJKの認定を受けることにより、家族(被扶養者)にも1人1枚の健康保険証が交付されます。


健康保険被保険者証
(本人用)


健康保険被保険者証
(家族用)

健康保険証は健康保険への加入を証明

 医療機関の窓口に健康保険証を提出することによって初めて健康保険扱いとなり、窓口での負担割合は、被保険者・被扶養者とも原則として医療費総額の3割となります。健康保険証を提出しなければ保険診療扱いとならず、医療費を全額負担しなくてはならないこともあります。医療機関を受診する際は、必ず健康保険証をご持参ください。また、70~74歳の方は、健康保険証と一緒に「高齢受給者証」を提出していただくことになります。

仕事上あるいは通勤途上の病気やケガは労災保険扱い

 健康保険で診療を受けられる病気やケガは、仕事上あるいは通勤途上の原因以外によるものに限られています。仕事上あるいは通勤途上の病気やケガは労災保険扱いとなり、健康保険証を使うことはできません。

初診のほか、月初めにも持参

 受診が数ヵ月にわたる場合は、月初めの受診の際に健康保険証を提出していただきます。これは、健康保険証の記載内容に変更がないかどうかを医療機関が確認するためです。また、初診時だけではなく、医療機関から健康保険証の提出を求められときは必ず提出してください。

健康保険証の取り扱いにご注意ください

  • 健康保険証は医療機関にて保険診療を受けるための証明です。身分証明書等そのほかの用途としての機能はありません。
  • 健康保険証は各自のものだけが使用できます。他人に貸したり、人から借りたりして使うのは違法行為となります。ほかの家族の方の健康保険証を間違えて使うと、医療機関からTJKに間違った請求がされます。また、コピーして使うこともできません。
  • 健康保険証の記載事項を無断で訂正することはできません。ただし、健康保険証裏面の住所欄は自筆にて記入・修正していただけます。
  • 健康保険証が第三者に渡ることによって、不正に使用されるおそれもあります。管理には十分ご注意ください。とくに小さなお子様の健康保険証は、保護者の方がしっかり管理してください。
  • 健康保険証はクレジットカードなどとは違い、紛失や盗難などにあってもオンライン上で使用を停止するといった措置をとることができません。紛失や盗難などにあった場合は、すみやかに警察へ届け出ていただき、事業所を経由して再交付の申請を行ってください。また、本人確認書類で自分の名義を他人に悪用されないための対策として、信用情報機関(※)へあわせて連絡されることをおすすめします。
    • 信用情報機関には以下の3つがあります。
    • (1) 全国銀行個人信用情報センター
       http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
          TEL 0120-540-558
      (携帯電話・PHSからは 03-3214-5020
    • (2) (株)シー・アイ・シー
       http://www.cic.co.jp
          TEL 0120-810-414
      (携帯電話・PHSからは 0570-666-414
    • (3) (株)日本信用情報機構
       http://www.jicc.co.jp
          TEL 0120-441-481
      (携帯電話・PHSからもかけられます)
    • ※(1)は銀行が主な会員、(2)(3)はクレジット・消費者金融会社が主な会員です。

ページ先頭に戻る

お問い合わせ先 東京都情報サービス産業健康保険組合 適用グループ/〒102-8017 東京都千代田区富士見1-12-8 TJKプラザ/TEL03-3239-9816 /FAX03-3239-9735