東京都情報サービス産業健康保険組合

東京都情報サービス産業健康保険組合

サイト内検索
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME > 事業所へのお知らせ/事務担当者ページ > 平成29年度 メンタルヘルスフォーラム

平成29年度 メンタルヘルスフォーラム

《社員の“社会的健康”を守るために》
「両立支援」とダイバーシティ経営
~病と共に働き続けられる会社づくり・職場づくり~

 平均寿命が伸び続け、医療も日進月歩で進化する中、今社会では、健康でより長く働き続けられる環境づくりへのニーズが高まっています。今注目されている「健康経営」や「働き方改革」の大きなテーマもそこにあると言って良いでしょう。
 そのような観点から最近、特に重要な課題として浮上してきたのが「両立支援」です。がんをはじめ、長く“付き合う”必要があるさまざまな病気を抱えて、適切な治療を受けながらも、安定的な生活を維持するために働き続けたいと考える人が増え、そのための環境整備に国も動き出しました。
 がん、脳血管疾患、心疾患、糖尿病、精神疾患などは、もはや私たちにとって身近な病気ですが、いずれも継続的な治療を要します。そうした状況も一つの条件として働き続けられる職場を築いていくことは、従業員の「社会的健康」と企業組織の健全さを守ることにつながり、産業保健のみならず、ダイバーシティ、健康経営を追求するうえでも避けて通れない課題です。
 今回のメンタルヘルスフォーラムでは、そうした視野に立ち、この「両立支援」に焦点をあて、その考え方と実践へのポイント、課題について学んでまいります。経営者から管理職、実務担当者まで幅広い方々からのお申し込み、ご参加をお待ちしております。

開催日時
平成30年3月8日(木)14:00 ~ 17:00(受付開始時間13:20~)
開催場所 ベルサール飯田橋ファースト 地下1階イベントホール
(東京都文京区後楽2-6-1)
内容 ◇基調講演および講演者とのディスカッション・質疑応答等

基調講演 『「両立支援」とダイバーシティ経営』
 講師:荻ノ沢 泰司氏(産業医科大学病院 就学・就労支援センター 学内講師)

パネルディスカッション・質疑応答等

 コーディネーター:山﨑 友丈氏 (TJKメンタルヘルスセンター所長)

 パネラー:荻ノ沢 泰司氏(産業医科大学病院 就学・就労支援センター  学内講師)

  • ※その他、今回のテーマに取り組む企業よりパネラーとしてご参加を予定しております。

その他講演者を含む内容構成については、現在調整中でございます。
決定次第こちらのホームページ上でお知らせいたします。

対象者 TJKの被保険者で経営者、取締役、部門責任者、プロジェクトリーダー、管理職、総務人事担当者、健康管理委員および健康管理業務に携わっている方など
定員 360名 ※定員超過の場合は抽選となります。
参加費用 無料

申込方法 下記より申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入のうえ、郵送またはFAXにて東中野保健センター健康管理グループまでお申し込みください。
申込書のダウンロードはこちら
申込
締切日
平成30年2月23日(金)
  • 申し込み締め切り後、すべての事業所へ抽選結果を通知いたします。
お申し込み・お問い合わせ先:東中野保健センター 健康管理グループ

ページ先頭へ戻る