東京都情報サービス産業健康保険組合

東京都情報サービス産業健康保険組合

サイト内検索
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME > TJKのご案内 > 平成22年度 収入支出決算 

平成22年度 収入支出決算

収入総額 805.4億円

収入総額 805.4億円

科目 決算額
(億円)
説明

健康保険収入

769.6

毎月の給与および賞与からお納めいただく保険料で、TJKの主要財源となります。メンバーのみなさまの医療費および、健診等の健康管理事業、保養所・運動施設等の健康増進事業の費用などに充当しましたが、330億円以上を高齢者医療支援のために拠出しなくてはなりませんでした。

その他の収入

35.8

健保組合間の財政助け合い事業へ拠出する調整保険料、同事業からの交付金、直営施設の利用料などです。

収入総額 805.4

支出総額 782.6億円

支出総額 782.6億円

科目 決算額
(億円)
説明
保険給付費 360.9 健保組合事業の根幹である医療費および出産時などの現金給付を支払うための費用です。前年度比で約13億円の支出増となりました。
高齢者医療への負担金 331.1
  • (1)65~74歳の前期高齢者医療に対する納付金で、この年代の加入率が低い健保組合ほど多くの負担をしなくてはならないしくみになっています。若年層の加入率が高く高齢者の加入率が低いTJKは、きわめて多額の負担を課せられました。
  • (2)75歳以上の後期高齢者医療に対する支援金で、健保組合の加入者数および加入者の給与水準に応じて支出額が決まるため、加入者数が多いTJKは、きわめて多額の負担を 余儀なくされました。
  • (3)すでに廃止が決まっている旧制度への過渡的な支出および過年度精算分などです。
(1)前期高齢者納付金 158.0
(2)後期高齢者支援金 145.9
(3)退職者給付拠出金 27.2
健康管理事業・
健康増進事業の費用
62.4 各種健診やメンタルヘルス相談、保養所の運営やフィットネス施設の利用契約など、メンバーのみなさまにご活用いただく付加価値の高いサービス事業の費用です。厳しい財政状況ですが、事業の役割や目的、ニーズ等を精査し、コストパフォーマンスを最適化したうえで各事業を実施しました。
人間ドック・健診等に 38.4
保養所・体育施設等に 22.3
広報等に 1.7
事務費 9.7 TJKの事務運営費です。この中には業務委託費用およびシステム維持費用等を含みます。
その他の支出 18.5 TJK直営施設の資産価値を維持するための修繕費用、健保組合間の財政助け合い事業への拠出金などです。
支出総額
782.6

基礎数値

加入員数(ご本人) 191,525名
加入員数(ご家族) 122,483名
平均標準報酬月額 367,369円
平均賞与額(年間) 802,119円
収入総額 805.4億円 経常収入
784.1億円
支出総額 782.6億円 経常支出
765.0億円
決算残金 22.8億円 経常収支差引(※1) 19.1億円
別途積立金残高(※2) 32.8億円
準備金残高(※3) 147.0億円
  • ※1 経常収支は繰入金等の一時的な収支科目を除いた収支を指します。
  • ※2 過去の事業における剰余金の積立金。
  • ※3 医療費等の急激な支出増に備えるための資産。

介護保険の決算

 介護保険制度とは、40歳以上の方が保険料を負担することにより、要介護状態のときに費用の1割を自己負担して介護サービスを受けることのできる社会保険制度です。各健保組合は国に示された「介護納付金」を納付するため、健保組合に加入する40歳以上65歳未満の「第2号被保険者」から介 護保険料を代行徴収しています。平成22年度に示された介護納付金を負担するための介護保険料率は0.99%(前年度据え置き)となりました。収支差引額2,000万円を準備金として保有します。

収 入 支 出
介護保険収入 39.2億円 介護納付金 40.9億円
繰越金・繰入金 1.9億円    
収入総額 41.1億円 支出総額 40.9億円
お問い合わせ先 東京都情報サービス産業健康保険組合 総務グループ/〒102-8017 東京都千代田区富士見1-12-8 TJKプラザ/TEL03-3239-9811 /FAX03-3239-9733

ページ先頭へ戻る